• ホーム
  • エムフェイスよりもミクニに投資をする方が

エムフェイスよりもミクニに投資をする方が

電話をする男性

最近、第二のフェイスブックを目指すエムフェイスに投資をしてみないかという話が、ネット上で流れているのを目にしたこともある人もいるかも知れませんが、これは非常に危険な投資といえるでしょう。
確かに第二のフェイスブックとなることができた時には、莫大な利益を手にすることができるためその点を考えると魅力的なものです。

もちろん、数多くのSNSが第二のフェイスブックを目指して運営をしているわけです。
その中からトップに踊り出ることができるというのはひとつしかないわけですから、このようなものに投資をするというのはかなり確率的には分の悪いものとなってしまいます。
しかし、それ以上の問題としてエムフェイスは実態がはっきりしない部分があります。
全く何も活動をしていないものに対してお金を投じるおそれがあるためできれば避けたほうが良いといえます。

エムフェイスに投資をするぐらいであれば、国内企業にお金を投じたほうが余程有意義なものでありミクニといった東証一部の小型株などを買ってみるというのも悪いものではありません。
ミクニは東証一部ながら時価総額も100億円程度しかなく、それほど規模が大きくない企業で事業内容としてもも二輪用の燃料噴射器を扱っている企業だけに大きな伸び代があるとは言い難いものがあります。

しかし、小型株であることから大きな材料が出ればたちまち株価が急上昇する可能性を秘めた銘柄となっています。
高値圏から半値以下となってきているだけに買い頃の水準となってきています。
配当もあることから、少しずつ積み立てをしていくような形で投資をして大きく拭き上がったときに売るというスタンスを取ればエムフェイスに投資をするよりもずっとリスクが少なく利益を出しやすいものとなっています。

関連記事